8月22日 2021年度  香川県小児慢性疾患を抱える子どもと家族のサポートシンポジウム~これから始まる香川の病弱児支援~を開催しました!

未来ISSEYが取り組んでいる病気を抱える子どもと家族を支える活動を広く一般にだけではなく、これから香川県で支援を行っていくにあたり関係する機関(教育機関や行政機関関係者)にも現状の認知と理解を深めてもらえるよう、県外で先進的な取り組みをされている講師を招きシンポジウムを開催しました!

コロナ禍ということもあり、会場とオンラインとのハイブリット開催。

講演頂いた先生方にはそれぞれの活動からの視点でご講演頂き、シンポジウムの内容についても参加申込者からの意見なども踏まえて進めました。

シンポジウムには香川大学医学部小児病棟の師長やグッドブラザーを代表して香川大学医学部生にも参加して現場の意見を交えての内容となりました。

会場内にはグッドブラザーの活動の掲示、コミュニケーションロボットオリヒメの操作体験ブースなど設置。

参加者からは

「オンライン参加でしたが、皆様と意見交換することも出来、有意義な時間でした。 」

「香川県外でご勤務されている方のお話を聞けて素晴らしい活動がこんなにもある事に驚くと共に、凄く為になりました。また、教育・医療関係の仕事につきたいと思っている中、院内学校やグッドブラザーなどのお話はとても興味深かったです。今日の話を将来に活かせるように頑張りたいと思います。 」

など、嬉しい意見を多数いただきました。

翌日の四国新聞にもシンポジウムの記事が掲載されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

寄付をして
活動を支援する